アートを見る、楽しむ人々

趣味の一環として、アートや芸術鑑賞を楽しむ人々がいます。
フランスを筆頭にヨーロッパの美術家が生み出す彫刻や絵画は、高い評判を得ており、国内にもファンが大勢いらっしゃいます。
また近頃では芸術を鑑賞するばかりではなく、制作する事に関心を持つユーザーもいます。
今では身近な雑貨店やホームセンター等でも美術に使える道具が格安で、販売されており、日曜大工ならぬ日曜アートを楽しむ年配の方々も珍しくありません。
水彩画や粘土細工などは、素人ユーザーでも参加しやすい分野です。
またスケッチやクロッキーといった作業であれば、基本的に自分の視野を、そのままキャンパスに写し書きすれば良いアートですので、全くのアマチュアでも、道具さえあれば簡単に楽しむ事が出来ます。
そして最近ではプロ顔負けの作品を生産するアマチュアユーザーもいており、自分自身の作品をSNSやブログにアップロードして、感想や評価を受け付ける人々も大勢現れ始めました。

現代アートの楽しみ方

現代アートというととっつきにくく難しいというイメージを持たれている方が多いかもしれません。確かに風景画や肖像画などとは違ってメッセージ性が強くわかりにくいのですが、実は意外と簡単に楽しめるのです。触って楽しむもの、一緒に行って楽しむものなど様々です。不要になったペットボトルをたくさん使った作品もあるのです。パッと見何だかわからないような作品も多く、それぞれの作品には作者のメッセージはありますが、そのメッセージはこれと決まっていません。見た人が感じたままに楽しめばいいのです。例えば作者が「平和」をテーマに作った作品を見たものが「破壊」と受け取ったとしてもそれはそれでいいのです。作者のその作品に対する本来とは違う意見が出たとしてそれは作者としても嬉しいことなのです。
現代アートは皆で楽しむということからトリエンナーレやビエンナーレなどがよく開催されています。こういったイベントはフェスティバル的要素が強いので普段芸術などに親しむ環境でない方でも、お祭りのように一緒に参加して楽しむことができます。
現代アートに興味のない方でもこういったイベントに参加することで、はまってしまう方もおられるのです。こういった作品を作るにはきちんとした芸術の知識と技術があった方がいいですが、なくても作れる作品もあるので、素人でもやる気さえあれば作品を作ることも可能なのです。芸術という新しい世界に足を踏み入れるのにこういったイベントは最適です。


Favorite

データ入稿について
http://www.niwa-p.co.jp/meishi/
表参道のオシャレ美容院
http://www.lauleas.com/
ジッポライター
http://shop.zippotime.net/
全国宅配クリーニング
http://www.tomioka-group.co.jp/
レンタルスタジオ 大阪
http://www.rentalstudio-zero.com/

Last update:2015/2/25